自律神経に漢方・鍼灸が良い理由

自律神経失調症では、内臓に異変はありません。そのため、西洋医学的な検査をしても「異状なし」「どこも悪いところはありません」という結果になることもしばしばです。

こうした症状に有効なのは東洋医学の考え方。「気血水」の働きに片寄りはないか、一人ひとりの体質をチェックし、体全体のバランスを良好な状態に整えていきます。

海外の研究でも、ストレス緩和に優れた鍼灸治療を続けることが、不眠、頭痛、めまい、耳鳴りなど自律神経失調症に効果的と報告されています。


このような症状は自律神経の乱れと関連があります

めまい

□ 重だるさ

吐き気

疲れ目・ドライアイ

 喉の詰まり・異物感