生理痛は、身体からのSOSサインです。

生理のときに下腹部が痛かったり、腰が重だるく感じられたりすることは、多くの女性が経験しています。「毎回のことだから...」と、諦めている方も多いかと思いますが、

□ 鎮痛剤を飲まないではいられない

□ 生理痛で仕事や家事が手につかない

□ 痛みだけでなく身体のだるさもある

□ 頭痛やめまい、吐き気を伴う

もし、生理のたびにこんな症状に悩んでいるとしたら、注意が必要です。

生理痛は本来ないもの。他疾患が原因の可能性も。

体調が整っていれば、生理痛はありません。つまり、生理痛は、身体のバランスが乱れているサインであるとも言えます。

たとえば、子宮内膜症や、子宮筋腫など婦人科系の疾患が原因で強い生理痛が起こることがあります。鎮痛剤に頼ったまま放置していると、妊娠しづらい体質になってしまう可能性があります。

鎮痛剤は、状況によっては有用ですが、痛みそのものを取り去るものではありません。身体にとって本当に必要なことは「生理の時期に痛みが出てしまう体質」そのものを改善することです。

特に、以前と比べて痛みが強くなっているような場合には、早めの対策が必要です。

痛みの原因は気血の滞り!

東洋医学では、気・血・水がバランスよく巡っていると健康な状態が保たれると考えます。

生理痛に悩む女性の場合、気の巡りがスムーズでない気滞(キタイ)、または血の巡りがスムーズでない瘀血(オケツ)体質であることが多いです。

漢方や鍼灸で気血の巡りをスムーズにすることで、生理痛が楽になります。

また、冷え体質が生理痛を招いていることも多くみられます。この場合はもちろん、冷え体質の改善がポイントになります。

漢方薬と鍼灸で、生理痛のない生活を!

世珍堂では、気血の巡りをよくする漢方薬と鍼灸施術を行っております。漢方と鍼灸を併用することで、滞りが改善され、つらい生理痛が和らぎます。また、身体全体のバランスが良くなりますので、他の症状の改善や生理前後でない期間の体調も良くなっていきます。

※漢方のみ、鍼灸のみの治療も可能です。