東洋医学で考える、夏バテ対策

夏は、食欲不振、身体のだるさ、エアコンによる冷え、日射病・熱射病などの不調が出やすい季節です。衣類や空調の工夫で身体を守ることは基本ですが、それでも不調が出てしまうようなときには、漢方・鍼灸がオススメです。


夏に起こりやすい不調とその対策

●疲れ・だるさ

→暑さによって身体のエネルギーが不足する(気虚)ことが原因。人によっては手足の重だるさ、食べたものの味がしない、汗が大量に出るなどの症状も伴います。漢方薬では「補気薬」という分類のものを。鍼灸でも、身体に不足したものを補う施術をしていきます。

 

●食欲不振

→食べたものを消化しエネルギーに変える「」の働きが低下して起こります(脾気虚)。胸のつかえ、気分の沈み、胃がポチャポチャ音がするといった症状が起こることも。

漢方でも鍼灸でも、エネルギーを補って、水のめぐりをよくするケアをしていきます。

 

●夏やせ

→暑さで、エネルギーの消耗が生産に追いつかないために起こります。この場合も、補気(エネルギー補充)することで、状態が改善します。

 

●熱中症

→漢方・鍼灸は、症状が軽度な場合や、そもそもの熱中症になりやすい体質の改善に向いています。身体の潤いを増やし、熱を冷ますケアをしていきます。

 

 

初回来店時に、身体の状態と治療方針についてご説明いたします。お気軽にご相談ください。