子宝周期療法

月経のリズムを整えて、卵胞や子宮内膜の質をアップ。

排卵促進につなげていきます。鍼灸と漢方薬を組み合わせた独自の治療法を行っています。

漢方・鍼灸による周期療法

体質と周期に合わせた治療をしていきます。

漢方治療の有効性

漢方治療が不妊症に有効と、日本の医療機関で報告されています。

(不妊治療ワークブックより引用)患者様の「証」に合わせた漢方薬を処方したところ、1カ月後には、ホルモン値、主席卵胞最大径、子宮内膜の厚さ、頸管粘液量のすべてが上昇した。

クロミフェンで見られる頸管粘液や子宮内膜厚の低下はなく、むしろ増加が認められた。

鍼灸治療の有効性

鍼灸治療が不妊症に有効と、アメリカで明らかになっています。

2002年、アメリカの生殖医療学会誌に、次のような報告がされました。

体外受精を受ける160人の女性を2つのグループに分け、一方のグループにのみ鍼灸治療を行いました。その結果、鍼灸治療をしないグループの妊娠率が26.3%だったのに対し、鍼灸治療を行ったグループの妊娠率は42.5%となりました。

不妊の原因


黄体機能不全

 

排卵障害

 

● 基礎体温について

 

 卵管の問題

 

着床障害

 

卵子と精子の問題

 

男性不妊       

 

その他の原因


1漢方薬の力:本来、漢方薬は、個々の患者の体質や体調(これを「証」と呼びます)を見極めて処方します。この「証」がぴたりと合えば、効き目もその分強くなります。ただし、このような処方には、東洋医学の専門知識と経験が必要なため、実際の診療では必ずしも「証」にのっとった治療が行われているわけではありません。漢方薬には、排卵障害や黄体機能不全、あるいは原因不明の不妊に対する効果が期待できます。

 


2中医鍼灸の力:中医学の鍼灸で自然治癒力向上、妊娠の確率が65%高くなる。排卵障害による不妊症の場合は、排卵期に鍼灸治療を施すことにより排卵を促します。着床針について、2009年イギリス医師会誌に体外受精を受ける女性が、同時に針治療を受けると妊娠の確率が65%高くなると発表されました。月経期の子宮内膜の排出を促す:鍼灸治療により、子宮内の不要な血液を充分排泄させ子宮内膜を掃除することで、新たな子宮内膜による、着床しやすい環境が整います。