東洋医学で考える、逆子治療

通常、お母さんのお腹の中で、赤ちゃんの頭は下にある状態が正常ですが、何らかの原因で赤ちゃんの頭がお腹の上にある状態にことを逆子(サカゴ)または、骨盤位と言います。

妊娠初期~中期の場合は特に問題はありませんが、27週を越えると胎児が大きくなり、子宮の中を動き回るスペースがなくなるため、問題となります。

逆子のまま妊娠後期に入ると、自然分娩が難しくなるため、帝王切開になる可能性が高くなります。

27週を越えてからの逆子には鍼灸を

妊娠27週以降の逆子には、鍼灸治療が有効です。研究の結果、逆子に効くと実証された、三陰交や至陰といったツボや、その方の体質に合ったツボに施術をすることで、逆子の改善が期待できます。

無料相談実施中。まずはご相談ください。

逆子治療の効果の出方については個人差がありますが、1~3回の鍼灸治療で逆子が治ることが多いです。

「なおりやすさ」はその方の状態によっても異なりますので、概要を聞いてみたい方は、一度ご相談にいらしてください。初回は無料相談を実施しております。