東洋医学で考える、逆子治療

通常、お母さんのお腹の中で、赤ちゃんの頭は下にある状態が正常ですが、何らかの原因で赤ちゃんの頭がお腹の上にある状態にことを逆子(サカゴ)または、骨盤位と言います。

妊娠初期~中期の場合は特に問題はありませんが、27週を越えると胎児が大きくなり、子宮の中を動き回るスペースがなくなるため、問題となります。

逆子のまま妊娠後期に入ると、自然分娩が難しくなるため、帝王切開になる可能性が高くなります。

27週を越えてからの逆子には鍼灸を

妊娠27週以降の逆子には、鍼灸治療が有効です。研究の結果、逆子に効くと実証された、三陰交や至陰といったツボや、その方の体質に合ったツボに施術をすることで、逆子の改善が期待できます。

李式補瀉手技では

赤ちゃんが回りやすいよう身体の流れを整えて母体のエネルギーを補います。                         又、お灸を行う事により副交感神経を優位にし、身体の緊張を解す事でも赤ちゃんが回転しやすくなります。

ご来院のペースは

逆子が治るまでが週に2回、逆子が治ってからも母体環境の為に週に1回の来院と毎日のお灸をお勧めしております。

なかなか回らず、出産直前で治った方もいらっしゃいますので最後まで諦めずに鍼灸を行う事と、治ってもまた戻ってしまう方もいらっしゃいますので、出産までの継続が大切です。

無料相談実施中。まずはご相談ください。

▻住所

 〒272-0034

 千葉県市川市市川1-4-2 T・Zビル1階

 

▻営業時間

 10:00〜19:00

 

▻定休日

 年中無休

 

▻お問い合わせ・ご予約

 ☎047-325-6668
 ✉sechindo@gmail.com

LINE

 

▻アクセス

 JR総武線 市川駅北口 徒歩1分

 京成電鉄 市川真間駅 徒歩6分

 

※ 近くに有料パーキング有り(当店駐車場無)

※ 車いす、ベビーカーをご利用の方

 事前相談によりご案内可

*完全予約制  *女性鍼灸師在籍  *市川市はりきゅう助成券利用可  *各種キャッシュレス決済可



【Twitter/予約の空き時間】

【共有はこちらから】

世珍堂の口コミ・感想をもっと見る


【相互リンク】 眞裕堂鍼灸院/愛知県東海市の鍼灸院。1万人以上施術した院長が鍼灸・漢方での治療を行います。

眞裕堂鍼灸院のWEBサイトはこちら