カゼ(感冒)に効果的な漢方薬

”カゼには葛根湯”というイメージをお持ちの方も多いですが、実際はカゼに使う漢方処方だけでも20種類以上あり、症状と体質に合わせて服用する必要があります。

 

自己判断で合わない漢方薬を服用してしまうと、症状が悪化したり、別の症状が新しく出たりすることもありますので、購入の際は漢方の専門家に相談するようにしてください。


葛根湯の使いどき

葛根湯は、表証(ヒョウショウ)に用いるのが正解です。表証とは、悪寒・発熱などのある状態のこと。「なんだかゾクゾクとして、カゼを引きそうだな…」と思うようなときのことです。

カゼが長引いているときや、胃腸症状もあるようなときは、葛根湯以外の処方を選びます。


咳に使う処方にもいろいろ

カゼをひいて咳が長引く場合には、麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)、麦門冬湯(バクモンドウトウ)、参蘇飲(ジンソイン)などが使われます。体力の程度と、身体の水分量、痰の有無などを参考に処方を選びします。


その他、症状と体質を基に合うものを選んでいきます

● 鼻水・鼻づまり…鼻水の状態と、身体の寒熱が判断材料になります。状態に合わせて小青竜湯(ショウセイリュウトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)などの処方を用います。

 

● 喉の痛みや違和感のあるとき…不要な炎症をとる”清熱”作用のある漢方薬を選びます。銀翹散(ギンギョウサン)や駆風解毒散(クフウゲドクサン)などがあります。

 

● 軟便・下痢のとき…胃腸の消化・吸収の働き(≒脾)を整える漢方薬を選びます。参苓白朮散(ジンリョウビャクジュツサン)などがあります。


処方を組み合わせ、量を調整して最適な処方を用意します

カゼの場合、「悪寒・鼻水・だるさ」など、複数の症状が出ていることが多いです。

1種類の漢方薬でそれらの症状をカバーできることもありますが、通常は2~3種類の漢方薬を組み合わせ、分量を調整することで、症状と体質に合った漢方薬を用意します。


数日分の購入OK。気軽にご相談ください。

世珍堂でも、カゼのご相談を承っております。カゼの場合、症状の変化がはやいので初回は、3~5日分程度のご用意になることが多いです。症状の程度によりますが、1日400円くらいからご案内が可能です。

お困りの際は、気軽にご相談ください。

参考資料:漢方医学体系(龍野一雄)雄渾社